主にFF11の事中心。    リンク自由で、不定期でやりますよ。


by jeisu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

おハローです、ジェイクスです。

ひさびさの更新ですよ、えとえと更新さぼってすみませんでした。

ネタは在ったのに書く気が起きなくt

実はちょっと今も記事考えながら書いてたりします。


う~んと、昨日の深夜といますか、今朝超早朝と言いますかビシージが行われました。
時間は、街に侵略してきたのが、確かAM2:10くらいだったかと・・・・昨日のPM9:30には、
死者の軍団が出撃の準備をしてました。


ここでビシージについて私の独断と偏見を混ぜて説明いたします。
間違っているかもしれないですが、あとでコメントなので指摘してください。直しますので。

でわ、まずは「ビシージ」とはについてですが、これはアトルガン皇国に敵対する三つの軍制の
拮抗を示すモノと私は考えてます。
三つの軍制とは、「死者の軍団」・「ハルブーン傭兵団」・「マムージャ蕃国軍」の三つ!!
この三つお軍団が、ある一定の数値まで段兵をし、次に出撃準備に取り掛かり出撃可の 
数値にと、着々と駒を進めるのです。

そして、準備可能になったたら、アトルガン皇国に進軍してくるのです。
その進軍を「アルザビ」という城門下街みたいな場所で「アトルガン皇国兵」・「義勇兵」・
「不滅隊隊士」・「五蛇将」という心強い味方と共に、我々冒険者又は傭兵が力を合わせ街を
三つの軍団から、守るのです。


私は今回で二回目の参加でしたが、今回侵略したのは、Lv4死者の軍団でした。
私は1stジョブLv61の暗黒騎士で、参加しましたが、力の差が歴然でコテンパンに熨されました。しかし、200人超えの傭兵団の一騎団結して、追い返しました。


今回のビシージ参加した皆様、お疲れ様でした。

今回のおまけは、SS撮り忘れたため、我が家にいる怪獣を貼っときます。

f0106698_10472130.jpg


↑今から約2年前の写真w
[PR]
by jeisu | 2006-05-12 10:49 | FINAL FANTASY XI